Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

検索

キーワード AND OR

しらせ飛行科

  • さくいん
    *[[しらせ飛行科]]
  • しらせ(1)
    南極観測船として使用されていた艦船。所属は海上自衛隊(横須賀地方隊)で艦種は砕氷艦(南極観測船は一般に呼ばれている名称で、自衛隊での正式種別ではない)。砕氷船[[ふじ|ふじ(2)]]の後継艦として建造され、全長134m。基準排水量11,600tと[[ふじ|ふじ(2)]]の倍近くの大きさとなっており、居住性ならびに輸送能力を大幅に向上させている。19ノットの最大速度で航行が可能。ヘリコプター3機の搭載能力を持ち、部隊マークにペンギンを描いた海上自衛隊横須賀地方隊しらせ飛行科のヘリコプターが運用される。定員は230名で、通常170名の乗員により運用され、南極観測支援活動では60名の南極地域観測隊員を昭和基地まで運ぶ。1982年就役。1983年の第25次南極地域観測隊の輸送支援より[[ふじ|ふじ(2)]]と交代して南極に派遣されている。自衛艦であるが南極観測支援が主任務であるため、当然ながら非武装である。また、自衛隊の所属だが建造費は防衛庁(現・防衛省)ではなく文部省(現・文部科学省)予算から支出されているという異色の存在である。就役から20年以上経過したため、2008年7月30日退役した。後継艦は2009年に就役しており、艦名も引き続き[[しらせ|しらせ(2)]]と命名された。
  • しらせ(2)
    現在南極観測船として使用されている艦船。砕氷船[[しらせ(初代)|しらせ(1)]]の後継艦として舞鶴のユニバーサル造船で建造された。全長138m。基準排水量12,500tと[[先代しらせ|しらせ(1)]]よりひとまわり大きくなっている。19ノットの最大速度で航行が可能で、氷海航行性能の向上、燃費低減、省力化、海洋・大気汚染、省エネ対策など環境に最大限配慮したエコシップとして設計されている。ヘリコプター3機の搭載能力を持ち、部隊マークにペンギンを描いた海上自衛隊岩国航空基地所属しらせ飛行科のヘリコプターが運用されている。定員は230名で、通常175名の乗員により運用され、南極観測支援活動では80名の南極地域観測隊員を昭和基地まで運ぶ。[[先代しらせ|しらせ(1)]]と同様に自衛艦であるが南極観測支援が主任務であるため、当然ながら非武装であり、自衛隊の所属だが建造費は防衛庁(現・防衛省)ではなく文部省(現・文部科学省)予算から支出されている。2009年5月就役。
  • しらせ飛行科
    しらせ飛行科
  • ふじ飛行科
    かつて運用されていた海上自衛隊のヘリコプター飛行部隊の1つ。砕氷艦(南極観測船)[[ふじ|ふじ(2)]]に搭載され南極観測隊支援用輸送ヘリコプターの運用を行っていた。1965年に砕氷艦[[ふじ|ふじ(2)]]の就役とともに編成され、1983年ふじの退役およびしらせの就役に伴いしらせ飛行科に移行された。シコルスキー・三菱S-61A"ちどり"およびベル・川崎47G-2A"ひばり"を運用。部隊マークに南極の氷原と氷山をバックにペンギンが立っているデザインを使用していた。このマークは現在もしらせ飛行科に受け継がれている。