Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

検索

キーワード AND OR

しらせ(2)

  • さくいん
    *[[しらせ(2)]]
  • しらせ
    +しらせ(2) [初代しらせ|しらせ(1)]の後継艦の南極観測船として建造された艦船。砕氷艦5003。2009年就役。
  • しらせ(1)
    南極観測船として使用されていた艦船。所属は海上自衛隊(横須賀地方隊)で艦種は砕氷艦(南極観測船は一般に呼ばれている名称で、自衛隊での正式種別ではない)。砕氷船[[ふじ|ふじ(2)]]の後継艦として建造され、全長134m。基準排水量11,600tと[[ふじ|ふじ(2)]]の倍近くの大きさとなっており、居住性ならびに輸送能力を大幅に向上させている。19ノットの最大速度で航行が可能。ヘリコプター3機の搭載能力を持ち、部隊マークにペンギンを描いた海上自衛隊横須賀地方隊しらせ飛行科のヘリコプターが運用される。定員は230名で、通常170名の乗員により運用され、南極観測支援活動では60名の南極地域観測隊員を昭和基地まで運ぶ。1982年就役。1983年の第25次南極地域観測隊の輸送支援より[[ふじ|ふじ(2)]]と交代して南極に派遣されている。自衛艦であるが南極観測支援が主任務であるため、当然ながら非武装である。また、自衛隊の所属だが建造費は防衛庁(現・防衛省)ではなく文部省(現・文部科学省)予算から支出されているという異色の存在である。就役から20年以上経過したため、2008年7月30日退役した。後継艦は2009年に就役しており、艦名も引き続き[[しらせ|しらせ(2)]]と命名された。
  • しらせ(2)
    しらせ(2)
  • しらせ飛行科
    海上自衛隊のヘリコプター飛行部隊の1つ。砕氷艦(南極観測船)しらせに搭載される南極観測隊支援用輸送ヘリコプターの運用を行う。1982年に砕氷艦しらせの就役とともにふじ飛行科より変更された。横須賀地方隊に所属し、第21航空群第101航空隊(海上自衛隊館山航空基地)が訓練、整備支援を担当していた。シコルスキー・三菱S-61A/S-61A-1"ちどり"およびMDヘリコプターズ(ヒューズ)OH-6Dを運用しており、前者のコールサインには"AURORA"が、後者には"PENGUIN"が割り当てられている。ふじ飛行科に引き続き、部隊マークに南極の氷原と氷山をバックにペンギンが立っているデザインを使用している。2008年にしらせの退役により、[[2代目しらせ|しらせ(2)]]運用部隊になり、運用機種もEHインダストリーズCH-101に変更されるとともに、所属も岩国航空基地直轄になった。
  • 南極観測船
    *[[しらせ(2代目)|しらせ(2)]](2009〜)