Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

南極地域の環境の保護に関する法律


[][カテゴリ:法律][国内法]

読み
なんきょくちいきのかんきょうのほごにかんするほうりつ


通称「南極新法」。1991年に採択された環境保護に関する南極条約議定書の国内義務を担保する法律として、平成9年5月28日に公布。南極条約議定書の定めに従い、南極地域における、鉱物資源活動の禁止、動物相及び植物相の保存のための捕獲、動植物の持ち込み等の制限、廃棄物の適正な処分及び管理、南極特別保護地区への立入の制限、南極史跡記念物の破壊等の禁止並びに環境に著しい影響を及ぼすおそれのある行為の禁止措置を規定するとともに、これらの制限を確実なものとするため、南極地域で行われる原則として活動について、事前にその計画(南極地域活動計画)が適当であるかどうかを環境庁長官が確認する制度を定めている。なお、本法の制定に伴い、南極地域の動物相及び植物相の保存に関する法律は廃止された。