Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

阪神パーク


[][カテゴリ:動物園・水族館][過去の動物園・水族館]

読み
はんしんぱーく



兵庫県西宮市にあった遊園地。1929年(昭和4年)に武庫川の河川改修によって廃川となった旧枝川河口付近に遊園地と動物園を併設した甲子園娯楽場として開園した(その後に水族館も併設される)。1935年(昭和10年)にケープペンギン33羽を輸入し展示を開始。繁殖に成功し、一時は100羽を越えるまでになり、戦前の「ペンギン王国」となった。集団飼育により繁殖を成功させた功績は大きいが、本来温帯で生息しているケープペンギンを「南極生まれ」として展示したことより、「ペンギン南極」の固定概念を植え付けてしまった。
第二次大戦中の1943年(昭和18年)、海軍に飛行場用地として接収され、ペンギンは各地の動物園に移され、阪神パークでの飼育は終了した。戦後1950年に再開されたが、ペンギンが再び飼育されることはなかったようである。経営不振のため2003年3月31日に閉鎖となった。現在はららぽーと甲子園となっている。
閉園直前は住宅展示場が併設された異色の遊園地(正式名称は「阪神パーク甲子園住宅遊園」)となっていた。阪神タイガースファンには阪神電車、阪神百貨店とともに「選手がここで働かされるために練習時間が取れないために弱いんだ」というジョークで有名(?)だった。

 編者コメント

そういや2003年に阪神優勝してましたねぇ......。

[ Prev: バレニー諸島 ] - [ index ] - [ Next: ピーターI世島 ]