Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

ミサイルペンギン


[][カテゴリ:その他][その他]

ミサイルペンギン属の1種。学名AGM-119。世界一破壊力のあるペンギンペンギン類としては唯一飛行能力を持っており、約35 kmの距離を最高速度マッハ1.2の速度で空を飛ぶことができる。海軍艦船上に好んで生息する。自分が繁殖地としている艦船に他の艦船が近づくと空を飛び、その艦船に体当たりを仕掛ける攻撃的な性質を持つ。目は艦船の姿を赤外線波長で捕らえることができる。体内に爆発性物質を含むため、体当たりを受けた艦船は大爆発を起こす。1961年にノルウェー海軍により発見、1970年にノルウェー海軍の艦船上にルッカリーが確認され、現在ノルウェーの他スウェーデン、トルコ、ギリシアの海軍基地や軍艦上で棲息している。種小名にMk3が付けられている亜種は、ノルウェーの他アメリカ海軍施設に棲息しているが、この種は好んで戦闘機、ヘリコプターに乗ることが多く、アメリカ海軍のSH-60Bヘリコプターや、ノルウェー空軍のF-16などに乗っているのが確認されている。なお、アメリカ海軍は、戦闘機に好んで乗るタイプをAGM-119A、ヘリコプターに好んで乗るタイプをAGM-119Bという学名で呼んでいるらしい。なお、海中を泳ぐ姿は確認されていない。


 亜種

艦船に乗る種と航空機に好んで乗る種の2亜種が確認されている。

 大きさ

全長体重
306cm330kg〜340kg71.12cm

 生息域

ノルウェー、スウェーデン、トルコ、ギリシア、アメリカなどの軍事施設、艦船、航空機などで確認されているが、詳細は不明。

編者注

正しくはノルウェー海軍が開発した、慣性+赤外線誘導の短距離対艦ミサイルです。兵器に「ペンギン」って名前をつけないでほしいなぁ...。もちろん生物学上ではペンギン類分類されませんし、"ミサイルペンギン"てのも編者が勝手に付けた名前です。

参考資料

Missle.Index