Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

ペンギン・クラブ


[][カテゴリ:アート・演劇][アート]

読み
ぺんぎんくらぶ


アメリカ、ニューヨークで1910年代中盤〜20年代中盤頃に反アカデミズムを掲げて活動していた美術家集団。1913年にニューヨークで開催された国際現代美術展「アーモリー・ショー」(当時の大統領セオドア・ルーズベルトに「これは芸術ではない!」と言わしめた伝説的な現代美術展)を企画したニューヨークの芸術家キューン(Walt Kuhn、1877-1949)により1917年に設立され、ニューヨークの東15番街に展示スペースを構えていた。キューンの他はブルガリア出身のパスキン(Julius Pascin、1885-1930)が中心的存在で、岡山出身の洋画家国吉康雄(1889-1953)やブーシェ(Louis Bouche、1896-1969)、ニューヨークダダイズムの中心人物でもあるレイ(Man Ray、1890-1976)など、当時ニューヨークに住んでいた芸術家が参加していた。

参考資料


[ Prev: ペンギン紀行 ] - [ index ] - [ Next: ペンギングレー ]