Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

ピッツバーグペンギンズ


[][カテゴリ:スポーツ][スポーツ]

アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグに本拠地を置くプロアイスホッケーチーム。1967年に結成され、NHLに参加。同時期に参加した5チームとともにエクスパンション・シックスと呼ばれる。Eastan Conference のAtlantic Divisionに属している。
名センターのマリオ・ルミューとヤロミール・ヤーガーという2枚看板を擁していた1990-1991、1991-1992の2シーズンにNHLの王座スタンレー杯を獲得。その後選手の高額年俸がたたり経営難に陥るが、1997年引退したマリオ・ルミューが1999年にオーナーとなり再建。さらには選手としても復帰し「戦うオーナー」としてチームの再建を目指した。
2004年ドラフト1巡目にエフゲニ・マルキンを、翌2003年のドラフト全体1位でゴールテンダーのマルク=アンドレ・フルーリーを、さらに2005年のドラフト全体1位でルミューの後継者と目されるシドニー・クロスビーを獲得するなど有力若手選手の確保に努める。ルミュー自身も2006年1月に現役から退きオーナー職に専念し、若手中心のチームに。2006-2007シーズンにクロスビーがルミューの後継者の役割を発揮しリーグ1位のポイントをあげMVPに、マルキンも新人賞を受賞する活躍で6年ぶりのプレーオフ進出を果たす。クロスビーは2007年オフには史上最年少キャプテンに就任。2007-2008シーズンはプレーオフファイナルに進出するもデトロイト・レッドウィングスに惜敗しスタンレー杯を手にすることはかなわなかった。
2008-2009シーズンも前シーズンに引き続き好調でクロスビーを中心にチームがまとまっており、マルキンのポイント王とアシスト王に輝くという大活躍もありファイナルに進出しデトロイト・レッドウイングスと再戦。レッドウイングスに先勝をゆるすもマキシム・タルボットの活躍で勝負は最終戦までもつれ込み、最終戦ではタルボットやフルーリーの活躍で17シーズンぶり3度目の王座を獲得。昨シーズンの雪辱を果たした。

ペンギンの名前が付いたプロスポーツチームで最も有名なチーム。ペンギンフリークは注目ですね。

参考資料

The Official Web Site of the Pittsburgh Penguins