Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

ケープペンギン


[][カテゴリ:ペンギン名称][標準和名]



フンボルトペンギン属の1種。学名Spheniscus demersus(→Spheniscus demersus)。英名Cape PenguinまたはAfrican Penguin。別名ジャッカスペンギンクロアシペンギンアフリカンペンギン。アフリカ大陸南部、南アフリカ共和国ポートエリザベスアルゴア湾からナミビア共和国のホラムズバード島にかけての沿岸(特に沿岸の島々)に棲息する。グアノの採集やタンカー座礁による原油汚染などにより急速に棲息数が減少しており、一時期アフリカ大陸本土から繁殖地が消えてしまった。現在、南アフリカ沿岸鳥類保護財団が中心となって保護活動を進めており、ケープタウン近郊のBoulders Beachに代表されるように、わずかながら大陸部にもコロニーができるようになった。IUCNの1996年版レッドリストでは準危急種(LR/nt)だったが、2000年版では危急種(VU A1acde+2bce)とされており、南アフリカではレッドデータブック絶滅危惧種として記載されている。また、国際的にはワシントン条約附属書IIに記載されており、国際間取引の規制の対象となっている。

 亜種

確認されていないが、他のフンボルトペンギン属と非常に近く、国内の動物園水族館ではフンボルトペンギンとの交雑種が確認されている。

 大きさ

全長体重
68cm3〜3.6kg15〜18cm

 生息域

アフリカ大陸南部沿岸

 国内の飼育動物園水族館


参考資料

Threatened Species - Vulnerable Birds(Endangered Wildlife Trust)