Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

アスペルギルス


[][カテゴリ:生物学][生物名称]

読み
あすぺるぎるす


コウジカビの仲間のこと。自然界において最も普通に見られるカビの一種。食品などに発生するほか、ほこり、土壌など広く環境中に分布している。約150菌種が存在。日本酒の醸造に使われるキコウジカビAspergillus oryzaeや焼酎の醸造に使われるクロコウジカビAspergillus niger、泡盛の醸造に使われるアスペルギルス・アワモリAspergillus awamoriなどの食品工業的に有用な種の他、青カビの1種であるアスペルギルス・フミガートゥスAspergillus fumigatusや発ガン性のカビ毒を産生するアスペルギルス・フラヴァスAspergillus flavusなどが含まれる。アスペルギルス・フミガートゥス、アスペルギルス・フラヴァスなどアスペルギルス症(肺アスペルギルス症)と呼ばれる真菌症の原因となる。極地出身のペンギンがこの菌に冒されやすい。

参考資料

[ Prev: 亜種名 ] - [ index ] - [ Next: アスペルギルス症 ]