Encyclopedia Penguinnica 私家版ペンギン百科

スネアーズペンギン


評価

危急種(VU D2)

 判定

一つの小さな諸島に分布が限定されるので危急種と判定された。個体数の傾向ははっきりとしていない。しかし、もし他のマカロニペンギン属で生じているものと同様の減少傾向が見られるのならば、近絶滅種に格上げされる。

推移

1988年
危急種
1996年
危急種(VU D2)
2000年
危急種

摘要

 主な脅威

  • 生息地の喪失/減少−漁業による採集(進行中)
  • 外来種(直接種に影響を与える)−捕食者(将来)
  • 汚染−大気汚染−地球温暖化/海洋温暖化(進行中)

 個体数の動向


 保護活動

  • 研究活動−動向/モニタリング(必要)
  • 生息地/場所単位の活動−保護地−新しい保護地の設定(必要)

編者コメント

スネアーズ諸島が唯一の繁殖地であることから評価基準D2が該当している。「ペンギン大百科」では1990年の調査で54,000個体。